ロトスコープ舞台演出作品「ロトボックス」(2017

rotobox.png

この作品は第23回学生CGコンテストの応募用に制作したロトスコープアニメーション演出作品です。

この作品のテーマは「アニメと現実の境界」です。昔から私はアニメーションに親しんできました。アニメの世界はなんでもありで、あのわくわく感は私を虜にしました。しかし、現実世界ではそのような現象は起きません。どう頑張っても我々はアニメの住人にはなれないのです。しかし、それでも私はなりたい。そういう思いでこの作品を作りました。アニメと現実の境界があやふやになる不思議な感覚をお楽しみください。

この作品は西岡貞一先生協力の元、筑波大学春日エリアの春日講堂にて制作を行いました。

企画・演出・演者・編集:Tonali

ロトスコープアニメーション制作:池田 崇将(wikemasa)

照明:稲田 和巳

撮影:小林 慶大、三浦 真帆、森元 諒

協力:西岡 貞一